アーティストは、ゴッホの絵画「オリーブの木」を再現するために6か月かけて1.2エーカーを植えました

スタンハードは、フィールドをゴッホの1889年の絵画「オリーブの木」に、長い草と野花の牧草地に切り分けて変形させました。

世界はスタンハードの帆布です。最近、彼はフィールドをミネアポリスのサンポール国際空港近くの長い草と野花の牧草地に切り取って、ゴッホの1889年の絵画「オリーブの木」に変えました。群れは回転傾斜を使用してフレームをカットし、溝を掘って画像の影と細部を強調しました。彼は「絵画」に地元の植物を使用するために、オート麦、カボチャ、ひょうたん、メロンを植えました。



スティーブ・ハードは彼の屋外のアート作品を「土工」と呼んでいます。彼の最初の肖像画は1981年のネイティブアメリカンの酋長サタンタの160エーカーの肖像画で、それ以来多くの作品を制作しています。 「オリーブの木」は、「たった」1.2エーカー/ 48エーカーを占める非常に謙虚な事業です。 「これは、ゴッホの原産の植物や素材で書かれた絵画の反復です。」 群れはオンラインインタビューで言った。 「世界で私のお気に入りのアーティストの1人と交流する機会は、私にとって非常にユニークでした。」







より詳しい情報: stanherdarts.com | artsmia.org | フェイスブック (h / t: 巨大な





続きを読む

スタン・ハードは、ミネアポリス近くの畑で6か月にわたってこの「土工」を作成しました

eathworks-seed-art-van-gogh-olive-trees-field-stan-herd-minneapolis-20

eathworks-seed-art-van-gogh-olive-trees-field-stan-herd-minneapolis-25





「これは、ネイティブの植物や素材で書かれたゴッホの絵画の反復です」

eathworks-seed-art-van-gogh-olive-trees-field-stan-herd-minneapolis-11



eathworks-seed-art-van-gogh-olive-trees-field-stan-herd-minneapolis-19

「世界で私のお気に入りのアーティストの1人と交流する機会は、私にとって非常にユニークでした」

eathworks-seed-art-van-gogh-olive-trees-field-stan-herd-minneapolis-26



eathworks-seed-art-van-gogh-olive-trees-field-stan-herd-minneapolis-29





eathworks-seed-art-van-gogh-olive-trees-field-stan-herd-minneapolis-gif1

画像ソース: ミネアポリス美術館

eathworks-seed-art-van-gogh-olive-trees-field-stan-herd-minneapolis-21

画像ソース: トムソン・ロイター

「シカに食べられた植物はほとんどなく、吹き飛ばされた植物もほとんどありませんでした。しかし、それは自然のダンスです」