暁佳奈原作「春夏秋冬大講社」第2弾の漫画化!

G’s公式サイトでは、あかつき加奈さん原作の「春夏秋冬大講社」を、浅見ゆり子さんが描き下ろした新作漫画化が発表された。

暁佳奈はヴァイオレット・エヴァーガーデンシリーズで人気があり、いくつかのアニメ化にもつながった. 2019年に刊行されたアカツキの新作小説『春夏秋冬大講社』も人気を博している。



原作の小説連載は終了しているが、2度目の漫画化へとつながった。







G’sチャンネルの公式サイトは月曜日に、神話ドラマに基づいた別の漫画シリーズがリリースされることを明らかにした.そのタイトルは「 Shunka Shuto Daikosha Moka Momoyo (フォーシーズンズプロキシ、百の歌、百の葉)。





 Kana Akatsuki's Shunka Shuto Daikosha Gets Second Manga Adaptation!
Shunka Shuto Daikosha Moka Momoyo Visual | Source: ジーズチャンネル公式サイト

あさみゆりこさんがイラストを描きます。 浅見はまた、冬と春のプロキシのエージェントであるイテチョウ・カンゲツとサクラ・ヒメダカをフィーチャーしたビジュアルをツイッターで共有した.

現在のところ、リリース日は発表されていません。ただし、KADOKAWAのComicWalkerとニコニコ生画(電撃Gのコミックセクションの下)でオンラインで公開されます.





この前に、別の漫画がシリ​​ーズに触発されました.小松田なっぱ氏によるイラストで、2022年7月より白泉社LaLaにて連載中。



The original series, Shunka Shuto Daikosha: Haru no Mai, were published under the Dengeki Bunko imprint in April 2021. It topped the 2022 edition of Takarajimasha’s Kono Light Novel ga Sugoi! Magazine’s ‘New Title Category in 2021’. 最新作「暁のアーチャー」は1月7日にリリースされる。

About Shunka Shuto Daikosha



yehuda adi devir 妻 コミック

『春夏首都大行社』は、暁佳奈さん作、周防さん作画のライトノベル。最初の記事である春の舞は、電撃文庫のインプリントの下でASCIIメディアワークスによって2巻で出版されました.





小説の舞台は冬だけの世界。冬は孤独な存在であり、春を創造します。やがて大地の願いにより、夏と秋も生まれ、四季が完結する。

季節を変えるのは人間の子供たちであり、責任者は四季の代理人/エージェントとして知られています。

ソース: ジーズチャンネル公式サイト